notebook510

備忘録とか覚え書き的なところを想定しています

【備忘録】デジカメRX100Ⅳ の露出補正と絞り

f:id:makoto_endo:20170731135156j:plain

愛用しているSONYのデジカメ、RX100Ⅳ。

デジカメ講座を受けてきた嫁に露出補正と絞りについて教わりました。
忘れないように記事にしておきます。

素人表現なので、厳密には違う部分があると思うんですが、
あくまで備忘録という事で、ご容赦を。

 

露出補正

f:id:makoto_endo:20170731135800j:plain

数値が大きくなるほど明るくなります。

 

絞り

f:id:makoto_endo:20170731135812j:plain

数値が小さくなるほど、カメラが合わせた焦点以外の部分が
ぼけて撮影されます。

 

多分、露出補正と絞りの値を調整しながら撮影すると
少しは質の高い画像になるのだと思います。

洋式トイレで、かなりの和式感「Squatty Potty」

f:id:makoto_endo:20170722213707j:plain

ある日、Facebookのタイムラインに流れてきたSquatty Potty
「スクワティポティー」と読むみたいです。

これ、洋式トイレ用の足置き台です。

 

普通に洋式トイレに座って用を足すと、直腸ってねじれるらしいのです。

で、この台に足をおくと、直腸の位置が肛門に対して直線上になるらしく
スムーズなお通じになるとの事。

 

ということで、早速Amazonでポチり
Squatty Potty(スクワティポティー) 洋式トイレ用足置き台

 

そして、装着
f:id:makoto_endo:20170722213716j:plain

 

で、実際に足をおいて用を足すと、足の曲げた角度が和式トイレのそれって感じ。
何度かお通じを共にしましたが、本当にまっすぐ出る感じなんですよねぇ。

Squatty Pottyを使う前は、お通じがスムーズじゃない時が結構あったんですが、
使用後は、いまのところ順調。

直腸のねじれ方とかは、絶対に個人差があるので他の人に効果があるかは
分かりませんが、自分の場合は直腸のねじれが強かったのかもしれません。

 

デメリットもあって、結構場所は取るので、トイレが狭い場合、
ドアの開け閉めの際にSquatty Pottyが邪魔になるかもしれません。

 

とはいえ、一度使うと手放せない感が今は強いですね。

 

頸動脈エコーと脳MRIを受けてきた

先月、地元の脳外科で検診を受けてきました。
頸動脈エコーと脳MRI。

受診した理由は、昨年の人間ドックの結果に
左脳にラクナ梗塞が散在しているので、1年後の再検査を推奨
って書いてあったからです。

 
そもそもラクナ梗塞って何よ?って感じなんですが、
専門用語が出てくると怖いですよね。

脳梗塞になっちゃうの?って思って、受診したわけです。
昨年と違う病院だけど。


脳ドック的な健診だから、保険が効かないと思っていたんですが、
先生に昨年の人間ドックの結果を見せたら、普通に保険が効く診療に。

再健診ということで、脳の断面図を見ながら説明する必要があるとの
判断から保険診療となるみたいです。

先生の裁量による判断なので、他の病院でも保険が効くかどうかは
分かりません。とりあえずありがたかったです。

脳MRIの結果を見ながら、先生の所見だとラクナ梗塞は無いだろう、
というお話を頂きました。

人間ドックの場合、後日、書類で結果を知らせる性格上、
かなり厳しめに診断する傾向があるそうです。

 昨年のドックの際に、脳の断面図を見ながら
説明を受けたわけじゃ無いんですよね。

 

それよりも、頸動脈エコーの結果の方がショックでしたね。
やや動脈が硬化している箇所があるとの事。

硬化しているといっても、健康に影響を及ぼすような効果では無く、
来年以降の頸動脈エコーを受診するかどうか自分で判断して良いレベルだそうです。

 

加齢に伴って、頸動脈の内部はささくれだったように見えるんですね。
20代の健康な頸動脈の図と比べて説明されたんですが、若くないって再認識。

 

ちなみに下の画像は、脳外科の先生が書いてくれた図です。

f:id:makoto_endo:20170713213551j:plain

加齢もあるけど、タバコ・大酒・肥満は頸動脈を塞ぐ可能性があるんですね。

それに、高血圧や糖尿、高脂血症なども誘発するので気をつけたいです。

人間ドックというと、脳MRIばかりに目が行くんですけど、脳に血液を送る
頸動脈もしっかりチェックしないとダメだって事が分かりました。

 

頸動脈エコーは毎年、受診しようと思いました。

 

高粘度の保湿機能がある目薬になれると人工涙液型が物足りなくなる

パソコン仕事なので目薬が欠かせません。

目の乾きを潤すのに人工涙液型の目薬を使ってました。

 

人工涙液型点眼剤 ソフトサンティア

f:id:makoto_endo:20170709205329j:plain

点眼後の刺激はなく、目をぬらすといった感じの目薬。
メーカーサイトはこちら

 

 

新ロート ドライエイドEX

f:id:makoto_endo:20170709205417j:plain

こちらは点眼後の刺激はアリ。多分軽めの刺激だけど、
先のソフトサンティアから乗り換えた直後は強めの刺激に感じるかも
メーカーサイトはこちら

 どちらが潤うか

ソフトサンティアの場合、目をぬらすだけって感じで、
比較的すぐに乾きます。

対してドライエイドEXの方は、ちょっと刺激があるけど数時間は
目が保湿された状態になるので、頻繁にささなくてもOK。 

ソフトサンティアからドライエイドEXに乗り換えたんですが、
点眼後の状態を比べると、後者の方が、目の保湿感が強いので
個人的にはドライエイドEXに軍配が上がりますね。

ブログって続かない問題

何って、続かなくなりそうなんですよ。
ブログ。

 

人気のあるブロガーさんとかを基準にするから苦しくなるような
気もしなくは無いんですけど、毎日更新とか修行すぎますね。

 

何ていうんですかね。
書くことが無い!みたいな感じですかね。

 

それなりにネタを見つけては書けばいいんでしょうけど、
何となく、ブログのダッシュボードを避けちゃったりして。

 

多分、本業がウェブでマネタイズした系のお仕事だから、
こんな拙ブログでも、マネタイズしたいっ、とか思うんですよ。

 

書きたいことを書きながら、管理人本人のブランディング的なことを
目指すのって、結構、難易度高いですよね?

 

ということで、ブログが続かないってネタができたので、
ついでに記事を更新してみました。

 

まずは、好きに書く、ということでね。