notebook510

備忘録とか覚え書き的なところを想定しています

条件分岐

今日のSchoo講座はPHP入門の条件分岐。
これも覚えていた内容なので早送りで視聴。

 

忘れかけていた内容をまとめてみます。

 

比較演算子

記号の向きに気をつけたい「以上」「以下」

  • $x >= 10 $xが10以上
  • $x <= 10 $xが10以下

 

 

「等しくない」の演算子

  • !=
  • <>

 

「==」と「===」の違い

「==」は値のみを比較するので、
数値型の「1」と文字列型の「1円」を等しい
と判断する場合があります。

 

それに対して、「===」は型も等しいか判断するので、
数値型の「1」と文字列型の「1円」を区別できます。

 

if文の応用

if文は途中でPHPの構文を終わらせることができます。

こんな感じです。

<?php
$box= 2;
if($box==1){
?>
<img src="sample.jpg" />
<?php
}else{
?>
<img src="test.jpg" />
<?php
}
?>

開始の波括弧の直後で構文を終わらせても、
PHP自体は有効です。

出力結果が長めのHTMLなら、上記のように記述すると、
いちいちecho文を書かなくて楽ですね。


swich文

これはウェブの情報を抑えておけば良いでしょう。

www.phpbook.jp